橋本和樹~日光エロ村 性欲猿軍団~

SOD風俗調査団の橋本・初デートがジャスコ・和樹です。 話が暗いとよく言われます。平成3年生まれです。 風俗の楽しみ方や女性との向き合い方、催眠術を使ったコミュニケーションについてお伝えできればと思います。よろしくお願いします。

自分とキスするということ

あけましておめでとうございます。
私生活で少しショックなことがあったので、それについて話そうと思います。

先日、知り合って結構経つけどそこまで仲の良くない、微妙な距離感の年上女性と1泊2日で旅行に行ってきました。

その子、ものすごい美人なんで、テンション上がりっぱなしで長野まで行ったんですが、まあ色々ありました。
途中の話はつまんないので略しますが、昼間は観光して旅館特有の早すぎる夕飯食べて、温泉入って、一息ついて一緒に喋ってるとき「橋本くん、催眠術できるんでしょ?やってよ。」と言われました。
ここで僕は何か強烈な違和感を感じたのですが、特に気にせず催眠術をやりました。
壁についた両手が離れなくなったり、おなかの中心が熱源になって、そこに手を近づけると熱くなったり、あと気孔もちょっとやりました。
一通りやって疲れたので、このへんにしときましょうか、と言ってタバコを手に取ると、肩を掴まれて「エロ催眠は?」と言われました。

うまく言葉に出来ないのですが、ここで僕はものすごく嫌な予感がして、「ああこれ多分セックスできないだろうな」と感じ取りました。まあこの予感は当たるわけですが。
一応勝負を投げるわけにもいかないので、「どこが一番感じる?」と聞いて布団に寝かせ、乳首が一番感じるそうなので乳首を敏感にする催眠をかけ、心臓が一回鼓動するたびに一度触られたのと同じくらい感じる暗示をかけて、様子を見ます。
確かに気持ちよさそうにしているけど、何かが足りない。
なんだろう・・・と考えていると、女は起き上がっている。
このままだと本当にイッちゃうからだめだよ・・・」と言われた。
そう、これが催眠の限界だ。理性がその状況を拒否すれば催眠は破られる。
そしてイク前に起き上がったということは、“こいつにはイカされたくない”もしくは“こいつとセックスしたくない”と思っている、ということに他ならない。
萎えて部屋の椅子に座って、窓から雪を眺めていると「ふてくさないの。」と言われキスされましたが、このときのキスが砂を噛んでいるようで、とても気持ち悪かった。ハズレの風俗でするキスよりも気持ち悪かった。

結局、同じ布団に入ってイチャイチャしたものの、結局セックスはしなかった。
薄暗闇の中で彼女の輪郭が見える。
「いま、何を考えているんですか」と聞く。
「橋本くんのこと。」と帰ってくる。この意味は後でわかった。

そしてそのまま眠りについて、特に面白いこともなく帰ってきた。
帰りの電車で一人になったとき、女の顔を思い出そうとする。
女のことが、まったく思い出せない。顔も、身長も、髪の長さも。

ふと、昨夜のことが思い浮かぶ。
「いま、何を考えているんですか。」
「橋本くんのこと。」

そうか。ハッとして、グリーン車で叫びそうになった。

自分は“可愛い年上の女性と旅行に行った”という記号的な事実が欲しかっただけで、相手のことはなんとも思っていなかった。
だから顔も思い出せなかった。
口説き文句も催眠術も、相手のことを見ないで振り回しているだけだった。
そして、相手はそれに気付いていて、「橋本くんのことを考えている。」と言ったのだ。


人生をもてあましている理由が、やっと分かった。
こんな簡単なことに、22年ずっと気付かなかったなんて。
自分は目の前の相手を見つめられていなかった。
抱きしめていたのは女ではなく、自分であった。
キスが気持ち悪かったのは、鏡にくちづけていたからだった。
そして、もうこんな風に生きるのをやめようと思った。

窓の外を見ると、見慣れた景色が走っていた。
雪は降っていなかった。
この先どうすればいいのかはわからないが、何か憑き物が落ちたような気がした。

ナンパについて

こんにちは。このブログを見てくださってありがとうございます。
大晦日はどこへも行かずに色々と考え事をしています。
28日は千原さんと宮台真司先生の男女素敵化大会議へ行ってきました。

壇上に立たれていた方々は、何かを成し遂げられて、そこから思ったことについて語られていましたが、会場で話を聞いていた方たちとの温度差のようなものを感じました。

僕がはじめてナンパをしたときは、呼吸は乱れ、額から汗が吹き出し、胸には不快感が充満して、ゲロを吐きそうになりながら女の人に声をかけました。
当然そんな気持ち悪い人から声をかけられても女の子が取り合ってくれるはずもなく、「あっ大丈夫です・・・」と言われてスルーされました。
僕はそれから何度かチャレンジをして、ナンパができるようになった(こう書くと本職の方に怒られそうですが・・・)のですが、ゲロを吐きそうになったとき、声をかけるのを諦める人もたくさんいると思います。
あれは本当に辛いものです。負の感情だけが先鋭化して、周りの視線や、雑踏の音がドス黒いイメージとして自分の中に入っていくのです。そしてその黒いイメージは自分を縛っていきます。
その後、僕はナンパした女の子で童貞を捨て、それから色の道へ入って今へ至るのですが、挑戦しなければ勝つことも負けることもないと思っています。そしてそれが一番の悪だと思います。
負けない事は居心地の良いことですが、自分を停滞させます。
僕が行動できたことも、ナンパでセックスできるようになったことも、運が良かったと思っているので「お前らがやらないのは甘えだよ」とは決して言えませんが・・・

諦めた人たち、挑戦すらしていない人たちは置いてけぼりにされている、もしくは聞くだけで満足して、何も変わらないイベントだな、と思いました。
自己啓発本を読んだり、講演会に行って何かを成した気分になったけれど、いざ行動に移そうとすると何もできなかった、という人はたくさんいると思います。今回のイベントの主旨は「成し遂げてどうするか、手に入れた力を何に使うか」ということだと僕は思っているので、確かに勝負のリングに立てない人に対して語りかけることは無駄だと思うのですが、勝負のリングに立てない人はどうしたらいいのでしょうか。リングに上がる勇気のない人が、さみしさをごまかすために風俗に行くのでしょうか。僕もそうなのでしょうか。
そんなことを歌舞伎町のラブホテルでぼんやりと考えていました。

イベントの翌日、友達にナンパを教えたのですが、心底辛そうにしていました。
歩きがぎこちなく、視線は固定され、会話までは聞こえませんでしたが、おそらく会話を早く終わらせたいため、高音で早口の喋りを女の子にぶつけていたことでしょう
緊張すると高音の声が出やすくなりますよね。逆に言えば、低い声を出すことを意識するだけで、身体は少し、緊張から開放されます。
泣きそうになりながら辛そうにナンパをする彼を見て、「こんなことする必要あるのかな・・・」と思いました。
イベントの帰りに、仕事上がりのキャバ嬢に「仕事終わったの?いま暇?」というヘタクソな声かけをしているエグザイルみたいな男がいました。5人くらいに声をかけていたのを見ましたが、完全スルー(いわゆるガンシカ)されていました。
辛い、怖いという感情を押し殺してナンパを続けると、相手がどういう人なのかを見ることができなくなり、彼のような男になってしまうのではと思います。
相手を見ずに、女を見る、もしくはマンコを見る、マンコのために口説きを覚えるということをしていても、幸せにはなれないのではないでしょうか。

僕がナンパを教えた友達をどう導けばいいのか、まだ僕にはわかりませんが、とにかく彼のようにはなってほしくないと思いました。
何人やったとか、ホテルまで何分とか、そんなことどうでもいいから、目の前にいる子との会話を心から喜べるようになってほしいなと、半泣きの彼を見て思いました。

22時くらいまでにはこのブログを書き上げようと思っていたのですが、遅くなってしまいました。
2014年もよろしくお願いします。

「一般人」ってなんだろう?

先日、知り合いのパチプロと話していたのですが、会話の中に「素人」「養分」という単語がたくさん出てきました。

まあニュアンス的には「金のためにパチンコをしていない人」ということで理解できますし、特に突っ込みも入れなかったのですが、パチンコで食っていることはそんなに偉いのでしょうか・・・
そう言っている僕もパチンコをバイト代わりにして夜遊びをしているので何も言えませんが。
パチンコで食うということは基本的に世のために役立つことではなく、一般のお客さんが溶かしたお金を間接的に貰っているというだけのことで、社会的にはド底辺というか、決して褒められることではないと思います。
パチンコ屋にいると、保留が満タンなのにもかかわらず口を半開きにして玉を打ちっぱなしにしているおじちゃんおばちゃんや、設定などまったく見込めないような店で心底楽しそうにバジリスクを打っている若い人など、「養分」をたくさん見かけます。
そういった人の財布から間接的にお金をくすねているだけの行為だと思うので、特に誇りとかそういったものはないのですが、他人を貶めている人を見ると、どうなのかなぁ・・・と思います。
周りは負ける中で自分だけは勝っていることが、一種の選民思想に繋がっているのだと思いますが。

いや、別にパチプロはクズだ、みたいな話をしたいのではなくて、これってどこのコミュニティにでもあることですよね。

ハプニングバー常連の言う「一般客」、オタク、コスプレイヤーの言う「一般人」、バンギャの言う「パンピー」のような言葉を聞くと、なんだかなと思います。
僕が「プライベートで風俗に行きまして~」なんて言ったら、イラっとする人もけっこういるかも知れないですね。

コミュニティの結束を強めるためにそういうことを言うのは問題ないと思うのですが、それを外に出してしまうのはどうかと思います。
ハプニングバーもオタクもバンギャも、言ってしまえば狭いコミュニティですから、どこかから疎外された経験があってそこにいるのかな、とも思います。
疎外されたから他人を疎外して生きていく、ということも間違ってはいませんが、疎外されていたからこそ疎外されていた人たちの気持ちがわかる、ということもあるのではないでしょうか。
自分たちが同じ行動を取らなければ、同じように悲しい経験をする人が少し減るかもしれません。

僕も色々と他人にひどいことをしたことがありましたので、このブログの投稿ボタンを押した直後に刺されるかもしれませんが。

次回は「オタ婚活で他人の心を踏みにじった話」でもしようかと思います。
image
パチスロ「ウルトラマンウォーズ」のリーチ目、中リール三連7。ほとんど伝わる人いないと思いますが、パチンコの話したので一応…
ギャラリー
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
最新コメント