橋本和樹~日光エロ村 性欲猿軍団~

SOD風俗調査団の橋本・初デートがジャスコ・和樹です。 話が暗いとよく言われます。平成3年生まれです。 風俗の楽しみ方や女性との向き合い方、催眠術を使ったコミュニケーションについてお伝えできればと思います。よろしくお願いします。

催眠術について エロ催眠をやったときのこと

ブログもツイッターもなんかあんまりエロに関係ない話ばかりなので、今日はエロ方面の話を書きたいと思います。
今回は少し長いですが、よろしくお願いします。

僕は催眠術を勉強しています。大学も心理系の学部です。
催眠術というと、相手を好き勝手にできるというイメージが強いかと思いますが、誤解を恐れずに言えば、そんなことはないです。
催眠療法をはじめたフロイトも、患者によってかからなかったり、治療に使えるほど深い催眠に入らなかったりで、催眠療法を諦め、精神分析の道へ進んでいます。
もし催眠術がテレビで伝えられているような、人を思い通りにできる術であるのなら、一種の強盗のようなこともできるので、おそらく社会が成り立たなくなっていると思います。
この辺の話は長くなるのでまた別の機会にします。
催眠術というのは、自分の言葉をいかに相手に通すかの技術だと思っています。もっと簡単に言えばコミュニケーションです。
これは言い換えれば「相手の心が開けていないと催眠状態には絶対ならない」ということです。コミュニケーションもそうですよね。

友達の女の子にエロ催眠をかけたときの話をします。
便宜上名前がいるので、カナちゃんとしておきます。西野カナがぱっと浮かんだだけで、深い意味はないです。

カナちゃんとはそこそこ仲がよく、二人で飲みに行っていました。
ノリがよくテンションが高いところが魅力的な女の子です。「サークルクラッシャー問題は誰が真の悪人なのか」「童貞はどうやったら最短で篭絡できるか」みたいな話ばかりしていました。
まあ彼氏いるんですけどね
もちろん彼氏がいるので何もしていません。本当です
mixiで催眠術を勉強している、と書いたら「催眠術って本当にあるの?」とメールが来ました。
催眠術自体は難しいことではないので「もちろん。今度やってみせようか?それでカナちゃんにも催眠術のかけ方を教えるよ。」と返しました。
そして当日、二人で新橋にあるビジネスホテルに行きました。
催眠術をやる場合、雑音やほかの視覚的な情報がないほうが成功しやすいです。
雑踏の中とかでもできるのですが、成功率が下がります。
一度失敗すると、「以前もかからなかったから」という経験がフィードバックされ、成功率は更に下がります。
成功した場合は二回目以降は居酒屋やパチンコ屋の中といった、うるさかったり集中できない場所でもかけられるようになります。
正のスパイラルか負のスパイラルか、決めるのは一度目ですので、一度目は細心の注意と集中力、そして自分のコンディションが最良の状態でやるべきだと思っています。

ホテルに入って、まず軽く体操をして身体をほぐしました。
身体と心はリンクしています。
身体がほぐれてくれば、ある程度は心もほぐれていきます

身体の緊張は心の緊張でもあるわけです。いきなり面と向かって難しい話をしても、緊張するばかりで良いコミュニケーションが取れるとは思いません。
僕は催眠術をかけるとき、まず相手の筋肉の緊張を見ます。
腕を動かすときスムーズに動いているか、歩くときの足の動きがぎこちなくはないか、緊張して声に不自然な点がないかなどです。
十分にリラックスできたところを見てから、座ってもらって、催眠術をかけていきます。

このブログでは、催眠術の詳しい手順については触れないつもりでいますが、最初だけどんな感じかイメージしてもらうために、一番簡単な「手が動かなくなる催眠」だけ、手順込みで詳しく書きます。

「カナちゃん、ゆっくり息を吸って、吐いて。息を吐くたびに、身体の緊張が息と一緒に出て行くイメージで息を吐いて。
呼吸が整ったと思ったら、その集中を壊さないようにゆっくり手を握って。もっと強く握れるでしょ?そう。
もう少し力入るよね?そう、そのくらいは力出るよね。
そしたら、ここ(親指の付け根)よく見てて。そこだけを見て、意識を集中させる。さっき深呼吸して集中してた状態と同じ感じで深呼吸してみて。
(相手の集中が深まったのを確認したら相手の握っている手をすこし叩いて)
はい固い!
これで3つ数えて手を叩くともう開かないよ、3,2,1,はい!

ここで相手に「手、開く?」と聞きます。
カナちゃんは目を丸くしながら
えっ??えっ??えっ??嘘!?ねえちゃんと戻してよ!?
と言っています。
本当にかかったようです。
とりあえず手を動くように戻してあげて、次の催眠をかけます。

戻し方は書きません。「勿体ぶりやがってこいつ」、と思われるかもしれませんが、僕は催眠術のリスクを考えずに使った結果、人の精神病的な部分を引き出してしまったことがあります。
エロという要素が今回のブログに入っていること、催眠術がメディアなどで伝えられていて、エンタメ的な要素があることで、心理的ハードルが下がっていると思いますが、本来、他人をコントロールすることは、非常に危険なことです。
僕はそういったリスクを含めてのことまでは、文字だけで全てを伝えられるほど、自分の技術にも文章にも自信を持っていません。なので、このブログだけを見て催眠術を真似することは出来る限りやめてください。

もし本当に催眠術を勉強したいのであれば、まず、林貞年先生の「催眠術のかけ方」という本を読んでみてください。この本は催眠の基礎や考え方が一通り書いてあります。

そして「声帯を取って(あくまでイメージです)声が出ないようにする催眠」や「ホテルの水道水が日本酒に変わる催眠」や「枕が好きになって仕方なくなる催眠(枕にキスしてました・・・)」などをかけて、いったんカナちゃんに催眠術のかけ方を教えます。
僕の考えている催眠術の本質や、相手の身体に現れる心理状態の見方などを教えて、手順どおりに催眠術をかけさせます。
3,2,1,はいっ!
可愛い声が部屋に響き、僕の手は動かなくなりました。
これは個人的な性癖の問題ですが、女性に催眠をかけられるのはゾクゾクします。SMに近いものがありますね。
女性が催眠にかかっているときの目も好きです。全てを預けてくれているような無防備な目を見ると、「俺にここまで心を開いてくれているのか」と、泣きたくなるくらいうれしくなります。

ここまで、だいたい1時間半くらいかかりました。
休憩していると、カナちゃんが「これって、さっき水がお酒に変わったり、枕にキスしたくなったりとかできるってことはさ、催眠の深さにもよるけど人間の知覚できる事はほぼコントロールできるってことでしょ?
と聞いてきました。

おお、さすがに鋭い。童貞をたぶらかして遊んでいた女性は観察眼がありますね。
というわけで、「そう、だからエロにも使えるよ。触らないでイカせたりとか。」
と返したら触らないでイカせられるならやってみろと、エロ催眠をかけることにしました。

エロ催眠で使う催眠術の技術は一般的なもので、難しいものではありません。
しかし「こいつにならまあエロ催眠やられてもいいかな」と思わせることや、エロを想起させる言い回しがパッと出てくることが必須になってくるので、技術とは別の面で必要なことが増えます
特に前者は難しいです。そもそも多くの人はエロに対して抵抗がある上に、“催眠”というわけのわからない怪しいワードが出てくるのですから、当然といえば当然です。何されるかわかったもんじゃないですから。

カナちゃんにはベッドに寝てもらって、催眠をかけていきます。
まずは身体が敏感になるように催眠をかけます。
イメージとしては、「普段気にもしていないエアコンの風や、肌に触れている衣服を意識させることで、自分が知覚しているということを意識してもらい、そこから意識を持って行きたい場所に誘導する」という感じです。
普段何気なくやっていることでも、本当は知覚しているのですが、僕らはそれを意識して生活していません。
今も僕はキーボードを叩いていますが、「指とキーボードが触れ合っている」ということは意識はしていません。
それを考えた瞬間、意識のスイッチが自分の内面に行きます。
それを応用して、内面に意識を持たせた状態でエロ方面に言葉をねじ込む、という感じです。「ねじ込む」は言い方が少し悪いですが。

身体が敏感になる性器が熱くなる息を吸うたびに、自分がセックスしていたときのイメージが自分の中に入ってくるという暗示を経て、「手を叩いたら、自分がセックスで突かれたときのことを思い出して。」と伝え、何度か手を叩きます。
この時点でカナちゃんはもじもじしています。めちゃくちゃエロかったです。催眠をかけながら勃起していたことは言うまでもありません。
そして、「次に手を叩いたら、手を叩かれるたびに一回突かれた時と同じくらい気持ちよくなっちゃうよ。」と言い、手を叩きます。すると・・・
あっ・・・んっ!
あのセックス中にしか聞かないような声が部屋に響きました。
もう一度手を叩くと・・・
あっ・・・あっ・・・ダメ!

こういうことが出来るのは知っていましたが、実際に見るとすごいです。
自分は指一本触れていないのに、カナちゃんは枕をギュッとつかんで腰を振っているのですから・・・

その後は調子に乗って、カナちゃんがイクまで手を叩きまくったのは言うまでもないです。パンツだけ確認しましたが、履いて帰るほうが辛そうなくらいグショグショでした。
自分で書いてて思いましたが、なんかエロ漫画みたいですね。

正直ここまで来たらセックスするのも容易いと思ったのですが、カナちゃんには彼氏がいたので、それ以上は何もせず、我慢汁垂れ流しのまま帰りました。

・・・指一本も触れてないですが、イカせてしまったし、これって浮気になるんですかね?
どうなんでしょう。

催眠術をどう伝えればいいのかが難しく、今回のブログは何度も書き直しました。伝わっていない点も多々あると思います。
ここがわかり辛かった、これはどういうことだ、お前のした事は浮気だ、等、思ったことがありましたらコメントしていただけると、とてもうれしいです。よろしくお願いします。

次回は催眠術を使って、マゾの子をドSにしてセックスした話か、催眠術をコミュニケーションに収束させる話を書きたいと思います。

戦え、3600秒!使用済みパンツ錬成の章

話がいつもいつも暗いので、バカっぽいことやってみようと思います。
タイトルに特に意味はないです。タイトルだけでも格好良くしたかったんですが、見事に失敗しました。
まあこの記事が滑っているので、タイトルも滑ったままにしておきます。

男のロマンとは何か?


酔っぱらうといつも「男のロマン」について考える。
何故かは知らない。まあ酔っ払いなんて、そんなもんだろう。

先日、飲み屋で隣の知らないおじさんに「男のロマンとは何か」を尋ねてみた。

何故知らないおじさんに話しかけたのかは覚えていない。まあ酔っ払いなんて、そんなもんだろう。


そのおじさんは今年で40になるので、マイホームが男のロマンだと言った。
確かにそうだ。マイホームは男のロマンだ。

しかし、それでいいのだろうか。
酔いが回ってうまく働かない頭の片隅で、何か引っかかるものがあった。
不意に、北方謙三が本の中で言っていた事を思い出す。

地平線に向かって歩き続けろ。そこに行きついた時、地平線はそこにない。当たり前のことさ。
地平線という奴は、いつだって同じ遠さで、どこまでも人の前にある。まして、心に抱いた地平線はな。
そこに向かって歩くことは、徒労と言ってもいい。しかし、その徒労こそが何かを生むことを、俺は知っている。

そうだ。男のロマンとは、手の届かないくらい遠くにある星のようなものに、手を伸ばす事ではないのか。
マイホームがどうとか言って納得している場合ではないのだ。(すいません)

自分にとっての、星とはなにか・・・


考える・・

星・・・ロマン・・・

そうだ。


使用済みパンツだ。

女性の身体に常に触れていながら、俺たちは接することのないパンツ。

これこそが自分の地平線、そして北極星ではないのか。



使用済みパンツを自作しても、本物に届かない事くらいわかっている。

しかし、挑み続ける事。それこそが、男のロマンではないのか。

というわけで


o0640085311744391076


o0800053111744394936


買ってきた。

シラフで買えなかったのでビールを一気飲みしてから買った。


女児用下着ばかりなのは個人的趣味です。

ロリコンではないんですが、お姉さん系の人が子どもっぽい下着だと妙に興奮します。

ちなみに男児用ブリーフはカムフラージュです。

さて。まずはどれからいこうか・・・




これにするか。


ごめんよ。これを作った中国の工場の人。こんな奴が買うとは思ってもいなかっただろう。ごめんよ。


o0800053111744400804


ここから使用済みパンツを作るわけだが、まずこれだと明らか新品ぽいので


o0800053111744405670


その辺の壁に思いっきりこすりつける!


こうして使用感を出す作戦だ。

「作戦だ」とか自分で言っているが、ただパンツを壁にこすり付けているだけだ。

5分ほど壁にこすりつけて・・・


o0800053111744408179
o0800053111744409411

うん。だいぶ擦れて毛玉っぽいのがついて使用済み感が出たんじゃないだろうか。

「うん。」とか言ってるけど、書いてる本人が一番「何がうんだよ」と思っているのでそっとしておいてください。


さて次は・・・


o0800053111744417588

着色だ。

いや。

着色だ、じゃないよ

何を得意げに言ってるんだ。馬鹿じゃないのか。

まあいいや。

o0800053111744423914


黄色絵の具を適当に水で溶いて・・・


o0800053111744426253
 

画竜点睛!!!


o0800053111744428067

・・・


o0800053111744428493

・・・

o0800053111744429205


・・・・・・・・・・


何も言葉が見つからない。

僕はどうしたらよかったんでしょうか?



次回へ続く(もう一度この記事を見返して自分が自殺しなければ)

歌舞伎町のキャッチについて行ったらぼったくられた話

ブログをサボっててすみませんでした。
今回はタイトルの通りです。単なる経験談ですが、こういうこともあるので皆さん気をつけてください。

いつのことだったか、久しぶりに歌舞伎町へ行った。
その日はナンパにも失敗し、酒を飲んでグダグダしていたら終電もなくなっていたので、カプセルホテルで寝ようとして歌舞伎町の派手な門の下をくぐったのを覚えている。

少し歩いていると、黒いダウンの男が声をかけてきた。
基本的にキャッチはぼったくり(例外もあるにはあるが)なので、相手にしてはいけないのが鉄則なのだが、その日は相当酔っていたこともあり、足を止めてしまった。

まあキャッチとのグダグダした会話はあんまりおもしろくないので、キャッチの言い分を簡単にまとめると
・一万円で本番ができる
・全員日本人
・二時間
・チェンジ3回まで可能


という事らしかった。話がうますぎる。
今まで風俗で失敗したことがない(もちろんブスが出てきたことはあるが、ぼったくられたことはない)僕は、酔っていたこともありそのキャッチについていってしまいました。

キャッチが7,8枚ほど女の写真を出してくる。
この中から3枚選ぶらしい。
正直、全員可愛すぎる。フォトショ特有の陰影のない笑顔が、自分に向けられている。
とりあえず3枚選ぶ。

じゃあ女の子の保証金として、2万円お支払いください。女の子が来たら一万円は戻ってきますので。

正直この時点でぼったくりと気付かなければいけないのだが・・・後悔ばかりである。
2万円を払い、キャッチに連れられてレンタルルームへ行く。
レンタルルームで部屋代5000円を払う。
正直、レンタルルームで5000円はクソ高い。しかしもう2万円払ってるし、後へは引けない。仕方なしに2万円払う。

漫画喫茶の個室が少し広くなったくらいのレンタルルームで、女が来るのを待つ。

ガチャン!
ノックもせずに女が入ってくる。

・・・モロに中国人やん。


この時点で完全に酔いが醒めた。
ああ、自分はぼったくられたんだな。
しかもここは歌舞伎町。払った金が帰ってこないだけならまだラッキーだ。この後どんな罠が待ち受けているかわからない。
正直不安である。怖くて仕方がない。

フク全部ヌイデ
「あの~・・・」
ナニ!

なんか怒ってるんだけど・・・

「一万円帰ってくるってのは・・・・」
ナニソレ?シラナイネ
「いやお店の人が・・・」
シラナイ

やっぱり無駄か。正直ぼられたとわかっているので、あまり抵抗する気にもならない。

「チェンジってできるんですよね?」
チェンジ5000円カカル。みんなタクシーデクルカラ

終わった・・・

ハヤクヌイデ ゼンブネ

仕方ない。こういう遊びを始めた日から、こうした目に逢う事は覚悟していた。むしろ、やっとかという気持ちすらある。

まったく気分は高ぶらないまま服を脱ぐ。
すげー乱暴な手コキをされるが、まあ興奮しないよね。
「タタナイネ?タタナイナラ終わりヨ」
「あのーもう少し優しくしてもらえると・・・」

・・・
「チッ!」

舌打ちされた。なんなのコイツ、とんでもないよ!?

これで興奮するのは正直無理だ。
いや。待てよ。

昔、観念絵夢というマゾ男優が言っていたことをふと思い出す。
「どうにもならなくなったら、自分に興奮しろ。一切をさらけだして情けない状況に置かれている己に興奮するんだ。」

そうか。その手があったか。
目を瞑って、今の状況を冷静に考える。
(女に振られてナンパに失敗してぼったくられたけど怖いから声を上げることもできずに中国人で我慢している俺・・・・・・)

あーみじめみじめ。少し涙が出てきた。
それと同時に、俺のM心が刺激されていくのを感じる。
そして・・・
眼をつぶったまま、自分をオカズにして発射。
振り返ってみると、さすがにどうなんだと思う。
俺が射精すると、中国人は疾風の如き速度で出て行った。
中国人の手コキ、2万5000円也。ちょっと笑えてきた。

服を着て、煙草をふかしていると、隣の部屋から何かが聞こえてきた。
男と日本人の女の声だ。

このままじゃ何もできなくて、手コキが一万円、フェラが二万円、本番が三万円。」
「話と違うだろうが。つーかもう二万払ったし。」
「あれは私がここに来るための二万で、プレイは追加で必要なの」
「いや話とかじゃなくて店のルールだから」
「じゃあ帰るから金返して」
帰るならキャンセル料二万円だよ
「通ると思ってんのかそんな事!?」
「いやおじさんこそ店のルール無視して、泥棒と同じだからね?」

すげー事言ってんな・・・ていうか日本人が来てるってことはまた違うぼったくりなのか。
このレンタルルームが詐欺業者の集会場みたいになってるんだな。

「話にならん!帰る!」
男の方は帰ろうとしているらしい。
「ダメだよ!」
女が引き留めようとする。

なんかすごい物音がする。男が走って逃げたらしい。
あー逃げれば良かったのか。

ていうかこのレンタルルームいつまで居ていいんだろうか。
二時間って言ったけど多分嘘だろうし。
内線みたいなのもないし、フロントに行くしかないのか。

「あのー2番ブースの者なんですが、何時までいられるんですかねこれ」
「あと30分くらいですね」
「わかりました」
やっぱり一時間だったか。しかしレンタルルームで1時間5000円て。
もう帰るか。ブースに戻る時に、事務所みたいなところのドアが開いているのに気付く。
なんかリーマンが殴られてる。
多分さっきの人だ・・・

俺は見なかったことにする。
番号札みたいなのを返して、店の外に出る。
まぁ、話の内容が全部嘘で払った金が戻ってこないこと以外は何もなかったか。
免許とかクレカとか持ってかれなくてよかった。

店の外に、リーマンが4人いる。
そのリーマンに「ここぼったくりですよ。前金でいくら払ったか知らないですけど、入ったらもっと取られるんで逃げた方がいいですよ。」
と告げる。
そして彼らが「どういう事?」と聞いてくる。まあ当然だ。
いきさつを話していると、後ろからいきなり肩を掴まれた。
顔を見る。
明らかに力タギではなさそうな方だ。
「ちょっと来てもらっていいですか?」
まずい。
絶対ちょっとで済まないし。

「はぁ~・・・」と生返事をして、そいつの方に向き直る。
肩から手が外れる。
今しかない。
走って逃げる!ここ3階だけど。
「待てやコラ!」
いやマンガじゃないけど待てないって・・・
階段で2階まで降りる。
追ってきている。距離が近い。
さっき来た時にみたが、2階は吹き抜けになっているのを知っている。

仕方ない。
俺は2階から飛び降りた。
興奮しているのか、痛みはない。
回りにはキャッチらしき奴らがいたが、特に俺を捕まえようとはしてこない。
飛び降りたらさすがに追ってこないと思ったが、まだ追ってきている。階段で降りてるけど。
これなら撒けるか・・・
ふたつ角を曲がったら、大通りに出た。
すぐにタクシーを拾って、「新大久保駅まで!早く出してくれ!」と叫ぶ。
タクシーの窓から後ろを見るが、追っ手は恐らく来ていない。

助かった・・・
下手なこと言うんじゃなかった。
ていうか足がメチャクチャ痛い。さっきのはなんだったんだ。
これ歩けるのかな・・・
新大久保駅に着いて、始発を牛丼屋で待つ。
なんかリアリティがない。
怖いんだけど、感情がそこまで追いついていない感じだ。
足を引きずりながら、駅へ向かう。
タバコに火をつける。ゆっくりと吸って、煙を吐く。
タバコを吸わずに息を吸って、もう一度息を吐く。白い。
二度目の息はタバコの煙なのか、寒さから出た水蒸気なのか、自分にはわからなかった。

ちなみにボッタクリに使われたレンタルルームは、風林会館裏の「センス」というレンタルルームです。
ここはアレな商売をしている人たちが使っているらしく、風俗のボッタクリのほかに、出会い系詐欺などでも使われているそうなので、ここに連れ込まれそうになったら気をつけてください。入る前なら逃げられますから。
ギャラリー
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • オカマの道 第1回 女装してクラブへ行く
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
  • パチンコで勝つということ CRトラック野郎N-K(甘デジ) 止め打ち 捻り等 攻略
最新コメント