はじめまして。僕のレポートを見てくださっている方がいるのかわかりませんが、SOD風俗調査団に最近入団しました橋本和樹と申します。
ミドルネームの“初デートがジャスコ”は滑った感じがするのでもういいです。

とりあえず風俗がテーマなので女性関係のことに絞って話をしたいと思います。
僕は二十歳まで童貞でした。
高校時代は何も面白いところがなかったです。クラスに5~6人はオタクの人たちが固まってましたよね?あんな感じでした。
大学に入ったはいいものの、協調性と社会性がなく周囲になじめず、毎日パチンコばかりしていました。一年生のときの取得単位数は2単位でした(一度も出ていない講義で土下座したらなぜか単位がもらえました)
パチンコは勝つために打っていたので、パチプロとして喰っていけるかと思い、本気で一年間パチンコをしていましたが、一年間でプラス二百万程度だったため、これでは生きていけないと思いパチンコの道は諦め、大学に戻りました。

大学2年のときはオタクだったのでメイド喫茶に通っていたのですが、そのときメイド喫茶の常連の方にコスプレキャバクラに連れて行ってもらい、そこから道を踏み外した気がします。道を踏み外したことは特に後悔していないのですが。

このころから風俗やキャバクラ、JKのおさんぽ(これは危険な部類のアレなので詳しく書けるかわからないです)などに通っていました。裏風俗とかも何度か行きました。

結局キャバ嬢に本気で入れ込み、百万だか二百万だか覚えてないですが、確実に新車一台買えるくらいの額をブチ込み、なんだかんだ付き合うところまでは行ったのですが、童貞だったためラブホに行っても何も出来ずに愛想を尽かされ、振られました。こうして振り返ってみるとけっこう笑えます。

振られた日に失意のまま終電後の秋葉原をさまよっていたら、一人で女の人がフラフラしていたので、その人をナンパして酒で潰して、はじめてセックスしました。二十歳の誕生日直後だったような気がします。
夜遊びはしていたのでバーやホテルの場所は知っていたし、そこまで手間取らなかったような
その人の名前も住所も知らないです。顔も今では覚えていません。そこそこ可愛かったとは思いますが・・・
朝起きたら女の子はいませんでした。財布が抜かれていなくてよかったと思います。
そこからナンパをはじめました。

大学は心理学系の学部だったので、精神医学の分野を勉強するうちに催眠術に興味が出て、セミナーや書籍で勉強をして、催眠術を覚えました。
催眠術はコミュニケーションの技術に収束するものだと思っています。催眠術を覚えてから、ナンパも格段にうまくなりました。
催眠術を使ったセックスやプレイも体験しましたが、これは面白いものです、いずれこのブログに書きたいと思います。

最近はナンパはあまりしていないです。自分がナンパをしても、特に何もしてあげられないというか、短期的な関係性を自分が欲しなくなってしまったので、あまりやる気が起きないです。

自分で書いていて思いましたが、レポートもブログも話が全体的に暗いですね。
なんなんでしょうか。どうにかしたいですが・・・

同じSOD団員の千原さんのブログに僕のことを少し書いていただいたので、これも良ければ見ていただけるとうれしいです。

SODでの僕のページはこのブログ右下のリンクにあるので、よければ見てください。これを見て風俗に行きたくなるかどうかわかりませんが・・・
これからよろしくお願いします。ちなみに初デートは中学生のときでした。ジャスコでした。
ツイッターアカウントは@kazuki_hsmtです。よろしければこちらもフォローお願いします。

橋本・初デートがジャスコ・和樹